オリンピック競技でもあるライフル射撃というスポーツ。今回、TEAM DAITOに新加入したライフル射撃でオリンピック出場を目指す、柳あさこ選手を取材するにあたり、少し、調べてみた。その歴史は古く、1896年に開催された第1回アテネ・オリンピックから正式種目となっている。参加国も、陸上の次に多い競技でもある。オリンピックの「射撃」という種目は大きく分けて、クレー射撃とライフル射撃2種目。クレー射撃は的が飛んでいるところを当てる競技で、ライフル射撃は動かない的を当てる競技。※ざっくりな説明です。柳選手が行うライフル射撃は、スモールボアライフル(50m)と、エアライフル(10m)の2つの競技。スモールボアでは、50m先の的を狙い命中させる。膝射40発(片膝をついて撃つ)、伏射40発(うつ伏せで撃つ)、立射40発(立って撃つ)の3つの姿勢で行い、競技時間内で命中した点数の合計で競う。エアライフルは、立射60発の競技。しかし、テレビなどで見る機会も少なく、身近なスポーツではない。高校・大学では、射撃部は多く存在してはいるが、日本でのライフル射撃の競技人口は6,000人程度とマイナースポーツである。しかし、世界では、2~3番目に競技人口が多い競技のようだ。柳選手のライフル射撃競技との出会いは、大学2年生の時。それまでは、空手(形)に打ち込んでいたが、大学に入り違う競技にチャレンジしたいと思っていた時に、ライフル射撃という競技と出会った。すぐに、競技に魅了され部活動として競技を行う。大学卒業後に国体に出場。それを機に、オリンピックを目指す本格的な競技生活に入る。競技を始めて8年。昨年、全日本社会人(エア)で初優勝、今年は、ナショナルチーム入りを目指しモチベーションも高い。柳選手は、ここ数年メンタルトレーニングに重点をおいている。精神的な安定感が生まれ、競技中の集中力も格段に向上した。週に数回、射撃場に行き実射練習を行う。実射練習のない日は、早朝からトレーナーと体作りを行い、夜まで勤務もこなす。「仕事も楽しいし、射撃はもっと楽しい。」この気持ちが高いモチベーションを維持し、ストイックな競技生活を支えている。柳選手が、ナショナルチームに入り、オリンピックの舞台で活躍する姿を見たい。

IMG_3925IMG_3946IMG_3951IMG_3965

柳選手にライフル射撃の魅力を聞いてみた。
他スポーツと異なり動きは少なく単純な動作が続きます。しかし静止している分、内面の感覚は際立ちます。呼吸の浅さや深さ、全身の筋感覚、撃つ前の思考、全てをマネジメントする必要があります。思い描く理想的な射撃が出来た時、競技の魅力を感じます。最近はメンタル強化に力をいれています。幼い頃から運動や勉学など物事に没頭しやすい性格でしたが、理論を学び、自分と向き合うことで集中の質が向上しました。環境や他の選手を気にせず、自分自身と戦うことを感じてから、自然と競技の結果もついてきたように思います。仕事の効率も格段に上がりました。競技と共に、人間としての成長を感じています。理想の追究が魅力です。これからも毎日、目の前のことを全力で取り組んでいきます。

IMG_3975IMG_3985

 

大東建託の皆様へ
数多くの選手の中から選んで頂き、ありがとうございます。あたたかいご支援、ご声援に感謝申し上げます。皆さんは毎日の生活で、何か没頭できる物事はありますでしょうか?スポーツ、芸術、お料理、ゲーム(健康を害しない範囲で)…楽しくて熱中する「心の状態」は生きる上での活力につながると考えています。射撃も仕事も、毎日熱中できる瞬間に出会えることを幸せに感じています。体は小さいですが、溢れる活力と笑顔を皆さんに届けられるよう、頑張ります。

IMG_4062

 

取材後記
今回の取材では、ライフル射撃の知識がないわたくしに、競技のこと、道具のことを、丁寧に分かりやすく話してくれました。ライフルを構え、引金に指を添える姿をカメラのファインダーから見ていると、小さな体からは想像できない、大きな力を強く感じました。その姿は、アスリートそのものです。ぜひ、大会での姿も観てみたいと思います。

IMG_3932

 

 

柳あさこ選手ページ http://team-daito.com/athelete/78

 

ぜひ、選手ページbt_supportのアイコンをクリック!(クリックが応援になります。)

社員の皆様の応援をお願いします。

 

大東建託「未来のアスリート支援プロジェクト」TEAM DAITO

 

 

レポート:青木裕二(clutch-works)