4月19日、軽井沢にて平昌オリンピック出場の報告会を開催。
会場には、地元・軽井沢町の関係者、チームをスポンサーする企業など100名近くの人が集まった。
また、SC軽井沢クラブと同じく軽井沢町を拠点とする女子の中部電力を支援する「カーリングサポーターズクラブNAGANO2018」
の設立も発表された。

沢山の人の「おめでとう~」の掛け声、拍手に包まれた会場の中、両角選手を含めメンバーも、終始、笑顔で嬉しさをにじませていた。

選手、ひとりひとりが関係者への感謝、オリンピックへの想いを語った。
キャプテンの両角選手は、お土産は「メダル」を持って帰るとコメント。山口選手は、これまでの長い厳しい道のりを想い、感極まり涙をこらえていたのが印象的だった。
2ヶ月弱のシーズンオフの後、来年2月の平昌オリンピックに向けて始動する。ぜひ、夢を叶えてほしい。

大東建託「未来のアスリート支援プロジェクト」TEAM DAITOも応援します!!!

IMG_0408IMG_0410IMG_0417IMG_0425IMG_0429IMG_0433

IMG_0488IMG_0498TEAM DAITO「未来のアスリート支援プロジェクト」を代表して、事務局メンバーの廣本氏も檀上へ

2017‐2018シーズンも、大東建託「未来のアスリート支援プロジェクト」TEAM DAITOは、
SC軽井沢クラブをサポートします。

皆様の応援もお願いします!