冷水選手は、2014年の「未来のアスリート支援プロジェクト」がスタートした時にTEAM DAITOへ加入した、いわば、第一期生のひとり。当時は幼さが少し残る中学生。(プロフィール写真が当時のもの)それから、5年が経ち、現在は高校3年生。久しぶり会う冷水選手は、身長も伸び顔つきも大人になった印象だ。余談ですが、今回、プロフィール写真を変える為に、試合後、写真を撮りましょうと提案したが、本人は、思い出になるので、そのままが良いとのことでした。

IMG_6795 - コピー
ここ1~2年は怪我の影響もあり、本来のパフォーマンスが発揮できず少しストレスのあるシーズンを送っていたようだ。今シーズンは、そんな不安も解消され攻撃的な本来のプレーができていると言う。今回の取材した試合でも、その姿が見られた。シングル2戦目は、同世代ながら、関西でもプロ選手にも勝つ実力のある選手との対戦。惜しくも敗戦してしまったが、必死にボールを追い、攻撃的な試合展開でプレーしていたのが印象的だった。持ち味は出せたように思う。特に感じたのは、冷静な表情だ。ガッツポーズで自分を鼓舞する姿も時折見せるが、表情からは、常に冷静さが見られる。試合では重要な要素でもある、メンタルのコントロールもできている。心技体の充実で、シーズン後半は表彰台に上がる姿が見られそうだ。

IMG_6968 - コピーIMG_6839 - コピーIMG_6810 - コピーIMG_7143 - コピーIMG_7092 - コピー

今後について、お父様に聞いた。高校2年生の時に、よりテニスに集中できる環境を求め、現在の高校テニス部へ転校。出場大会も増え本格的な競技生活として、関西を中心に活動の場を広げている。もちろん、ITFツアーの参戦も予定。冷水選手は、小学2年生の時にテニス体験会に参加。小学4年生から、競技としてのテニスをスタート。とにかく負けず嫌い、勝気でボールに相手に向かっていく姿を見て、テニスに向いているのではないかと感じたと言う。来年は大学進学を予定。これまで、コーチとしてサポートしてきたが、そろそろ、その役目も終わりかなと、少し寂しそうでもあった。しかし、冷水選手のテニスプレーヤーとしてのキャリは続く。そして、一番の理解者としてのサポーターの役割は変わらない。これからも、家族のサポートを受け成長して欲しい。

IMG_6841 - コピー

 

冷水悠人選手ページ

https://team-daito.com/athelete/12

 

 

ぜひ、選手ページbt_supportのアイコンをクリック!(クリックが応援になります。)

社員の皆様の応援をお願いします。

 

オフィシャルInstagram 大東建託アスリート支援プロジェクト #teamdaito #チーム大東

大東建託「未来のアスリート支援プロジェクト」TEAM DAITO

 

 

レポート:青木裕二(clutch-works)