オリンピック選手も輩出する名門強豪大学のフェンシング部で競技中心、フェンシング漬けの生活を送る淺野選手。その素顔は、大学スポーツ選手らしく、爽やかで明るくストイックに競技に打ち込むアスリート。質問にもきちんと答え、自分の考えをしっかりと言える。芯の強さ、素直さ、謙虚さ、強くなるアスリートの要素を持ち合わせた淺野選手に魅了された。フェンシングとの出会いから今後の目標までをインタビューさせていただきました。

フェンシングとの出会い
競技を始めたのは高校からです。フェンシングというスポーツを中学まで知りませんでした。中学校の時にフェンシングをやっていた友人がいて、その友人がやっているスポーツという認識ぐらいしかなかったです。偶然、その友人と同じフェンシング部のある高校に入学しました。高校では、野球部へ入部する予定でしたが、友人の誘いもありフェンシングを体験。今までやったことのないスポーツだったこともあり、一瞬にして、フェンシングの魅力に惹かれてしまいました。頭から離れなかったです。友人がやっていたこと、顧問の先生が家も近所という偶然。いくつも偶然が重なり、今思えば必然だったのかなと思います。
フェンシングの魅力
一番の魅力は、駆け引きのあるゲーム性が魅力です。その駆け引きは、スピード感、相手からのプレッシャー、繊細な感覚が、他の対人競技とは違うと思っています。本当に、小さな差が勝敗を分けます。相手が考えていること、自分の考えていることが合致した時に勝負が決まります。頭を使うスポーツです。体力はもちろん大切ですが、メンタルを含めた内面の強さが必要です。相手の動きを読み、自分の考えるゲーム展開に持っていけた時が醍醐味です。
モチベーションを保つには
目先の目標を大事にしています。次の試合、次の次の試合に対して、課題を設定しクリアしていくこと。その結果が、大きな目標につながると思います。課題をひとつひとつクリアしていくこが、モチベーションをキープしています。今回の大会では、設定した目標はクリアできませんでした。でも、その課題をクリアすることが、次の目標になります。地味な作業ではありますが、日々の積み重ねだと思っています。
フェンシングという競技について
最近はフェンシングの注目度も上がってきていると思います。世界でも日本人選手が活躍しています。少しでも、フェンシングというスポーツの魅力を伝えることができれば嬉しいです。競技人口も増えていってると思いますので、これからが楽しみです。もちろん、自分も目標達成のために努力していきます。
アスリート支援プロジェクトへのメッセージを
まずは、言いたいこと、言いたかったことは、「お世話になっています。サポートに感謝しています。」サポートに対して、少しでも貢献し恩返ししたいと思っています。アスリート報告会に参加した時に、他のアスリートと交流したことで、大きな刺激をもらいました。自分も、TEAM DAITOのメンバーとして、試合で戦っています。良い報告ができるように頑張ることはもちろん、胸を張って報告会に参加したいと思っています。引き続き、応援とサポートをお願いします。

IMG_8462 - コピーIMG_8470 - コピーIMG_8464 - コピーIMG_8457 - コピーIMG_8492 - コピー

 

取材後記(情報システム部・澤田 裕)
フェンシングについて
フェンシングについては、予備知識もなく、何となくではありますが、伝統があり、紳士的なスポーツの印象を持っていました。実際に試合を観戦して、その印象は一蹴されました。男女共に試合中の雄叫びや前に踏み込む時の床の響き…本当に迫力があり、圧倒されました。一方的に攻めている選手が試合に勝けではなく、引きながらも着実にポイントを稼いでいる選手がいたり、この競技の多くの意外性に引き込まれ、気が付けば数時間も、試合に無我夢中になっていました。(これは自分自身でも意外でした)
淺野選手について
インタビューでは、何度も淺野選手より「感謝」という言葉を聞きました。また「恩返ししたい」という言葉もとても印象的でした。現在の活躍は、本人の努力だけでは実現することは出来ず、周囲のサポートがあってこそという意識が根底にありました。自身が試合に勝ち、また成長を遂げることによって、恩返しをしていきたいんだという心持ちが、今の淺野選手の原動力になっていると感じました。素直に応援したい。そう思わせる魅力あるナイスガイでした。
IMG_8448 - コピー

 

淺野裕暉選手ページ
https://team-daito.com/athelete/54

 

 

ぜひ、選手ページbt_supportのアイコンをクリック!(クリックが応援になります。)

社員の皆様の応援をお願いします。

 

 

オフィシャルInstagram 大東建託アスリート支援プロジェクト
#TEAMDAITO  #チーム大東  #未来のアスリート支援PJ #大東建託

 

大東建託「未来のアスリート支援プロジェクト」TEAM DAITO

 

 

レポート:青木裕二(clutch-works)