一般社団法人全日本BMX連盟は、オフィシャルパートナーである大東建託「未来のアスリート支援プロジェクト」の支援事業として「2020JBMXF大東建託エリートアカデミー」を実施いたしました。本講習会は5月にアメリカ・ヒューストンで予定されていたUCI BMXワールドチャレンジ大会代表選考通過者のうち16歳以下の選手を対象としたものです。COVID-19新型コロナウイルス感染症の影響によりワールドチャレンジ大会や本連盟主催大会が中止となるなかで、次世代のエリート選手を育成することを目的として実施されました。岡山県笠岡市の太陽の広場BMXコースと埼玉県秩父市の秩父滝沢サイクルパークBMXコースの2会場で3日にわたり実施し、6歳から16歳まで53名の選手が参加しました。
講習を担当したのは過去に全日本選手権を制するなど国内外のBMXレースで豊富な経験をもち、現在は指導者に転身したシステマティックBMXの三瓶将廣と2016年の全日本チャンピオンである吉村樹希敢をメインコーチとしたメンバーです。笠岡会場では2020東京オリンピック代表候補の長迫吉拓、秩父会場では現全日本チャンピオンの中井飛馬と丹野夏波もアシスタントコーチとして参加するなど、若手とベテランを織り交ぜた充実の講師陣により国際大会を戦うことを前提としたスキルや取り組みを指導いたしました。

ki200927_L7I8123
ki200922_L7I7328
ki200927_L7I8075
ki200927_L7I8061
ki200922_L7I7247
200922kasaoka
200926chichibu
200927chichibu

メインコーチ:三瓶将廣(システマティックBMX)、吉村樹希敢
サブコーチ:長迫吉拓(笠岡のみ)、中井飛馬(秩父のみ)、丹野夏波(秩父のみ)、増田優一
アシスタントコーチ:野村凪沙、早川敦哉(笠岡のみ)、中林凌大(秩父のみ)
実施日時 2020年9月22日(祝)/岡山、2020年9月26-27日(土日)/秩父
※本講習会の実施についてはソーシャルディスタンスを保ち、スタッフのマスク着用、アルコール消毒薬の設置などの対策を講じて行いました。
後日、YouTubeチャンネルで講習内容を配信予定
全日本BMX連盟オフィシャルYouTubeチャンネル https://www.youtube.com/c/JBMXFchannel

一般社団法人全日本BMX連盟 https://jbmxf.org/

 

TEAM DAITOからも高崎成琉選手が参加(お母様からコメントをいただきました。)
秩父のエリートアカデミー、大変良い時間になりました!
この様な機会を与えて頂き、本当に感謝しております!
エリートアカデミーでは、通常色んな場所で開催されているクリニックとは違う、とても内容の濃い、とても効率の良い練習をさせて頂いたと感じました。日本代表コーチが、世界で戦うためにはどのような事を意識して練習したらいいのか?を子供達に伝えて下さり、子供達もピリッとした雰囲気の中、世界での戦いを意識して練習できたと思います。子供達は新しいスキル、ポイントを学びながら、四苦八苦しながらも教えてもらったことに一生懸命取り組んでおり、見学している親としましても、これからも練習にしっかり取り入れて継続していけば、きっと世界で戦う時に役に立つ!と思いました。
今までの練習での意識をもう一度見直すいい機会になったと思います。

ki200927_L7I8229

取材後記
世界を知るトップアスリートから、世界を目指すジュニア選手へのバトン。そのコーチングは、本物であり嘘がない。そして、基本がもっとも大事だということ。かっこいいジャンプも、その前の基本準備ができてこそ成功する。コースでの講習が終わった後、数名に分かれて、ダート(砂利の広場)での走行練習を遊び感覚で行っていた。このダートでの練習は、東京オリンピック代表内定の長迫選手が、こどもの頃、遊びで毎日のようにやっていたそうだ。タイヤも滑るし、バランスも崩れる。見ていても分かる。体幹を鍛えること、バランス感覚を養う要素がある。今の長迫選手の基本が、ここにあることが分かった。こどもの頃に自然と記憶される体への感覚と楽しいと熱中する遊び感覚。競技を始めたジュニアには大事なことだと感じた。ジュニア時代は、レースでの順位がすべてではない。子供達の未来は、もっと先にある。楽しむこと。好きになること。熱中すること。それが、一番大事なことだと感じた一日だった。大東建託「未来のアスリート支援プロジェクト」が、その少しを担えるのであれば、我々も嬉しく思う。

IMG_0254 - コピー

 

予告
TEAM DAITO「YouTubeチャンネル」でも、メインコーチの三瓶氏をゲストに、今回のエリートアカデミーの開催意義や世界を目指す日本人選手の課題などをインタビュー予定です。

YouTubeチャンネルロゴ

こちらも、ご期待ください。
https://www.youtube.com/channel/UCfM0gPCsMDdf79jFVODiQkQ