熊本北/建築営業社員:日南学園/ソフトボール・女子野球
宮崎県天福球場/4月25日(土)・26日(日)

”野球が大好き!”そんな気持ちが伝わってくる
兄弟の影響で、野球を始める女の子も多い。小学生では、男子に混ざり、エースで4番な女の子もいる。ただし、学年が上がるにつれ、体力差や、チーム事情などから、野球を続ける環境が厳しくなるのも事実。でも、今は、厳しい環境下でも、野球部のある学校があり、プロ野球、日本代表があり、大好きな野球を目標を持って続けることができる環境が整いつつある。全国高等学校女子硬式野球連盟には、18校(+1チーム)が加盟し、男子同様、全国大会、選抜大会が行われている。日本代表「マドンナジャパン」には、高校生2名も選出されており、チーム大東・日南学園からも、日本代表が現れる日も遠くないかもしれない。グラウンドでは、ボールを芯で捉えた金属バットのいい音が響く。一塁ベースまで全力で走る姿、ボールを一生懸命、追うプレー。「野球が大好き!」という気持ちが表れていたのが印象的だった。

IMG_1467
IMG_1485

2日間の4チーム総当たり戦
出場チームは、日南学園、南九州短期大学、神村学園(A’s)、神村学園の4チーム。九州女子硬式野球リーグ戦では、神村学園が2012年度から優勝しており、頭ひとつ強い。1日目、日南学園は2試合。1試合目の南九州短期大学に、粘りの試合で延長サヨナラ勝ち。(2-1)2試合目は、神村学園(A’s)。両チームのピッチャーが好投する投手戦。善戦するが惜しくも、0-3で負けてしまった。2日目は、神村学園との1試合であったが、2-11と大敗。残念な結果となってしまった。次回のリーグ戦でのリベンジを期待したい。

IMG_1461IMG_1439

IMG_1513森川キャプテンに“ちょこっと”インタビュー

Q)野球を始めたきっかけは?                                                                A)父とバッティングセンターに行き、バットにボールが当たるのが楽しく、嬉しかった。                                  Q)野球をやっていて楽しいことは?                                                           A)ゲームの流れを読むこと。チームメイトと、試合に勝つ喜びや厳しい練習の時間を共有できるところ。チームスポーツも好き。                                                                    Q)将来の夢は?                                                                     A)学校の先生になり、子供達に、大好きな野球を教えたい。

 

日南学園高校女子硬式野球・ソフトボール部

日南学園集合写真

258 - コピー部員数:中学1年生から高校3年生までの33名
主な戦績:全国高校総体出場20回(ベスト8/6回)全国選抜大会出場12回(準優勝1回)
第18回全国女子野球大会(ベスト8)
26年度県高校総体第3位
目標:3月・7月の全国大会ベスト4(硬式野球)、6月の県高校総体優勝、
インターハイ上位進出(ソフトボール)

日南学園HP:http://www.nichigaku.ac.jp/

 

 

Text by yuji aoki(clutch-works)