SHARE・横浜市鶴見区/11月28日(土)

 IMG_3468

世界を舞台に戦う、野口啓代選手、安間佐千選手が参加
支援アスリートとの懇親・競技体験イベントも3回目となりました。今回は、世界で活躍する野口選手、安間選手も参加していただき、ボルダリングを実施。最近、注目度も高いスポーツとあって、小さなお子さんを含め家族の参加者が目立っていました。参加者も30名を越え、競技への関心も高い感じです。もちろん、野口選手、安間選手に直接指導してもらえる貴重な機会でもあります。そんな二人の印象は、一言で言えば “爽やか” 優しい眼差しで丁寧にアドバイスしていたのが印象的でした。当日は、ストレッチからスタート。ここでも、参加者の皆さんは、野口選手の体の柔らかさにびっくり。その後、野口選手、安間選手の2チームに分かれボルダリング体験がスタート。登るコースは、ホールド(石の突起)の色で難易度が設定されています。基本、同じ色を使い登っていきゴールを目指します。皆さん、怖がらずチャレンジしています。中には、腕力任せで力尽きる方も。ボルダリングは腕力ではなく手と足を上手く使うバランス感覚が必要のようです。ゴールした時の達成感は、皆さんの笑顔で伝わってきます。参加者から、見本を見せて欲しい~というリクエストに野口選手が見せてくれました。体全体を使い、軽やかに登っていく姿に歓声と拍手。まさに、ワールドクラス、トップクライマーの技を見せていただきました。その後、チームチェンジ。安間選手も、笑顔で優しくアドバイスしている姿が印象的でした。子供にも大人気。最後に、安間選手、野口選手が、お互いにルート課題を出し登るデモンストレーションを行う。少し意地悪(?)な課題ルートも、二人とも軽々とクリア。参加者からの拍手の中、短い時間ではありましたがイベントは大盛況で終了。
IMG_3266IMG_3272IMG_3309IMG_3396IMG_3317IMG_3348IMG_3372IMG_3413IMG_3448

ボルダリングとは
クライミングシューズと滑り止めのチョークだけを使い自分の体一つで3~4mの大岩(ボルダー)を登るロッククライミング。最近では、初心者でも気軽にボルダリング体験できる施設が増えており人気急上昇のスポーツです。
IMG_3250


安間選手・野口選手、参加者の声・・・
イベント後、参加者に感想を聞くと、楽しかった!と言う声が多数。壁を登るのが快感。登りきった時の達成感が最高。世界で活躍する、野口選手、安間選手の技を間近で見られて良かった。二人のファンになりました。と、皆さん笑顔で答えてくれました。 イベント終了後は、記念撮影&即席サイン会。お二人とも気さくに応じてくれました。野口選手、安間選手のファンになったのはもちろん、ボルダリングというスポーツに興味を持っていただいたようです。
安間選手
楽しみにしてきました。みんなの笑顔で温かい空気感の中、短い時間でしたが楽しかったです。
野口選手
皆さん熱心やっていた様子で楽しかった。ボルダリングは奥の深いスポーツ。もっともっと追及していきたい。

IMG_3475

安間佐千(あんま さち)栃木県出身 12歳のとき、父の勧めで始めたフリークライミング。わずか1年でジュニアオリンピックのユースB(16歳未満)で3位に入賞するなどすぐに才能が開花。2011年にはスペイン・オリアナの”Pachamama”(5.15a)を第2登を果たす。2012シーズンは日本人男子では12年ぶりとなるワールドカップリード種目総合優勝に輝き、名実とともに世界一となる。翌2013年もワールドカップ総合優勝を達成し、日本人男子では初の2年連続のタイトルを獲得。岩場での活動にも積極的で数々の高難度ルートを登攀し、日本が世界に誇る最強クライマーの一人。 2014年 ワールドカップ シャモニー大会(フランス)優勝/ワールドカップ ブリアンソン大会(フランス)優勝 ワールドカップ 印西大会(日本)2位/ワールドカップ クラニ大会(スロベニア)3位/Arco Rock Master(イタリア)優勝 世界選手権(スペイン)3位

野口啓代(のぐち あきよ)出身 小学5年生の時に家族旅行で行ったグアムでフリークライミングに出会う。 翌年行われた全日本ユース選手権で中高生を抑え、優勝するなど瞬く間に頭角を現す。その後も国内外の大会で輝かしい成績を残し、2008年には日本人女性としてワールドカップ ボルダリング種目で初優勝、翌年の2009年も2年連続でワールドカップ年間総合優勝を飾る。2014年は4シーズンぶりに世界一に返り咲き、2015年は自身4度目の総合優勝を飾る。ワールドカップなどを中心に世界を転戦する日本が誇る世界屈指の女性クライマー。 2006年~2014年ボルダリングジャパンカップ9連覇 2009、2019、2014、2015年ボルダリング・ワールドカップ年間優勝(ワールドチャンピオン)

これからも、未来のアスリート支援プロジェクトでは、皆様に参加していただけるイベントを企画中です。
ご期待ください。
IMG_3490

 

 

安間選手・野口選手も所属。ボルダリング体験はこちら http://www.b-camp.jp/index.html

main_image

 

 

 

 

レポート:青木裕二(clutch-works)